goo日記 2000.8.9 一山越えて帰るぞ


一夜明けると晴れ。天気がよいうちに帰ろう!
目の前にある編笠山に登りかかる。岩だらけでかなり歩きにくい。
樹林帯に入って、緑が目に気持ちよい。
ふうふういいながら編笠山の頂上に出た。権現岳・赤岳すでにガスがかかりつつある。
富士山・北岳・甲斐駒ケ岳もガスの間から見える。
早く下ろう!観音平を目指せ! 雨が降る前に。
押手川から雲海を経て突然、駐車場に出る。ここが観音平か。
子供が、すすきに止まっているセミを見つめている。
そーっと近づいて、下から捕まえに行った。
わっ。なんと手の中に居る。運良く捕まえることができた。
むかしの子供(おとな)の面子を潰さないでよかった。
後は、草の中をひたすら小淵沢に向かって下るだけ。
林の防火帯(観音平歩道)をただ、ただ歩く。1時間くらい、いやになったころに舗装道路に出る。
また、舗装道路をひたすら歩く。途中で八ヶ岳公園道路(有料自動車道)を横切る。
信玄棒道分岐を過ぎて、ひたすら歩け・・
中央自動車道にぶつかる。高速バスの看板に引かれて、高速道に出たが1時間近く待つことになる。
小淵沢駅に向かう。
駅だ。12時40分発の特急が丁度ついたところで、目の前を出発してゆく。
13時40分発の切符を買って、駅前レストラン「よしの」の生ビール大で人心地。フーッ。
これが私の夏休み・・

編笠山中腹から青年小屋:クリックすると大きく表示します
青年小屋

編笠山山頂から権現岳・赤岳:クリックすると大きく表示します
編笠山頂上から権現岳・赤岳を望む

クリックすると音が聞こえます 押手川のせせらぎが聞こえます。